>>後継者をリーダーとした社内改革

業種設備工事業
相談内容後継者の早期に育成したいとの要望があるも、後継候補は親族でなく社員であるため社内への周知や古参社員の理解を得るプロセスが必要だった。
対応内容後継者をリーダーとした社内改革プロジェクトチームを立ち上げ、自社の5年後を見据えた事業戦略を策定するプロセスをサポートした。古参社員とやる気のある若手社員のバランスを考えたチームを組成し、後継者をリーダーとしつつも、自分たちで考えた改革案を作り上げることで自然に新体制に移行する下地を作ることに成功した。また、様々な視点で自社の環境を分析することで、後継者が経営的視点を持つに至った。
ポイント第三者としてコンサルタントが関わることで、後継者と社員双方の意見を吸い上げて、自然な形で融合させることができる。

ページトップへ戻る