>事業引継ぎについて

親族への事業承継

中小企業の中では最も多く一般的で、社内外の関係者に受け入れやすい方法です。
子供、妻、兄弟、子供の結婚相手など、自分(事業主)の親族に事業を承継します。
親族への承継は、比較的早期から後継者候補を確保できるため、経営引継のための環境を整えやすい方法です。

メリット

  • 一般的で社内外で心情的に受け入れやすい
  • 後継者教育に時間をかけられる
  • 株式所有者と経営者が分離することを回避できる

デメリット

  • 親族のなかに経営能力がある適任者、事業を承継する意思を持つ人物がいるとは限らない
  • 相続人が複数いる場合は、後継者の決定に時間がかかる
  • 後継者以外の相続人に対して、財産分与の配慮が必要

社員への事業承継

少子高齢化社会のなかで、親族の後継者がいない、子供が承継を嫌うなどの事情で、親族外への承継をせざるを得ないといった割合が増加中です。
親族に承継させることが困難な場合は、社員の中から承継候補者を選定することも一つの方法です。

メリット

  • 業務内容については熟知しており、後継者教育する必要があまりない
  • 複数の社員の中から、候補者が選択できる
  • 現在の経営方針・理念や社内体制を維持できる
  • 後継者と信頼関係が出来上がっているので、社内の抵抗が少ない

デメリット

  • 経営を引き継ぐという強い意思を持つ候補者がいるとは限らない
  • 能力的に適任者がいない場合がある
  • 株式を取得するための資金が必要
  • 後継者には、融資の連帯保証人というリスクがある

M&A (Merger & Acquisition)

M&Aとは、会社の経営権を売買することで、親族や社内に後継者がいない場合、従業員の雇用確保や取引先の維持、また経営者の生活を維持する目的のために、会社を第三者に譲ります。最近では中小企業でもM&Aは日常的に行われていますので、承継方法としても決して特異なものではありません。

メリット

  • 後継者候補がいない場合でも、会社を存続させることができる
  • 後継者教育が必要ない
  • 健全な会社ならば、経営者は会社売却益を得られる
  • 一般的に自社より大きな会社に合併・買収されるため、会社の安定や成長が見込める

デメリット

  • 自分でM&Aを進めるのは難しい
  • 経営方針・理念や社内体制を維持できない場合もある
  • 社員にも秘密裏に事を運ぶ必要性がある

事業再生

事業再生とは、業績不振・債務超過等に至った会社の事業の中で、採算部門・不採算部門を見出し、不採算部門からの撤退や資本の増強を計ったり、また、採算部門だけを分割或いは、新会社に事業譲渡等なのど手法を施し経営の健全化を回復させていくことです。
中小企業の場合、事業が一つの場合もあります。その場合も企業再生として、資金繰りの対処、原価低減、経費の削減、売上増加策、賃金体系の見直し等の支援を実施いたします。

ページトップへ戻る